家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

【中学受験ブログ 関西】塾か?家庭教師か?どっちがベストか?

 

先日、灘校の文化祭に行ってきたことを書きました。

 

www.3742.work

 その際に家庭教師のチラシをたんまりもらいました

(効率のいいところで

ビラ配りしてるなあと夫婦で感心)

 

 

あらままは現在Z会の教材に

充分満足していますが、不安もあります。

 

それはこれ

 

「後2年もしたら、この教材の内容を一緒にに考えたり

教えたりすることはおそらく無理であろう(特に算数)

・・・・その時どうするか」

 

通信教材って、内容はいいものが多いです。

 

内容は良いし、料金は安いしで文句はないのですが、

唯一の欠点は

「親が専門家でない限り、

一人でやりこなしていくのは限界がある」

でしょうね。

 

そこで今回はあらままのつぶやきとして、

今後どうしていくかを書いていこうと思います。

 

なんで塾に行かないのか

f:id:kakusan57:20180804144506j:plain

 

そもそも中学受験を考えているのに、

塾に行こうとしないあらままに

疑問を持つ方も多いかと思います。

 

息子君が塾を嫌がったことが大きな原因ですが☟

 

www.3742.work

 

あらまま自身、実は塾に行ったことがない

ということもあります。

(あらままも塾が嫌い)

 

塾って、カリキュラムが決まっていて、

それを生徒にこなしてもらう場所ですよね。

 

でもそのカリキュラムって、一人ひとりに

合ったものでは決してないはずです。

 

一人ひとり苦手なところ、がんばらないと

いけないところって違うはずです。

それなのに一律同じことをやらせる・・・。

 

うーんと思いますね。

 出来ない・ついていけない子が出るのは

当たり前でしょう。

 

「解らないところは質問しなよ」

っていいたくなりますが、

質問が出来るって

「ある程度解ってないとできない」もの。

「そもそもどこが解らないのか本人ですら解らない」と、質問なんてできません。

 

で、結果として

「ただ塾に行ってるだけ」の子が出来る。

 

山のような宿題もこなせないし、

全く家で勉強しようともしない・・・。

当然成績はあがらないからお母さんはイライラ

・・子どもはびくびく・・・。

 

この「塾特有の負のスパイラル」

陥りたくないんですよね。

 

モチロンすべての子供・母親が、

そんな風になるとは思いません。

 

でもいったん塾に入ってしまうと、そのシステムに

飲み込まれることは必須。

 

「塾に行ってるけど、実はその塾のテキストを、

個別指導や家庭教師に見てもらってる」

っていう子が案外多いというのもうなずけます。

 

そうなると

「最初から家庭教師だけ、個別指導だけにした方が、

費用的にも精神的にも良かったんやない?」

と思ってしまうわけです。

 

 

家庭教師の資料をもらいました


f:id:kakusan57:20190514125653j:image

 

いまのZ会の問題を、私が手に負えなくなってきたら

家庭教師にお願いしてもいいかなと思います。

 

で、受験勉強のさまざまなことを相談させてもらう

存在になってもらう。

もちろん息子が私に言えないことも、

その人に言えたらもっと良いでしょうね・・・・。

 

と、思っています。

 

「チームあらまま」に、

1人加わってもらう感じでしょうか。

信頼できる人が見つかったらその人にまかせて

両親はサポートに徹する。

 

それが理想かなと。

 

私の母親としての役割は
レベルの高い勉強を受け入れられる土台
(基礎学力と生活習慣、学問への親しみ)
を息子に身に付けさせて先生に託す
まででしょうね。

 

・・・・とはいえ家庭教師も

良いところばかりではありません。

 

ひとり一人にカスタマイズしてもらえることは

最大のメリットですが、

悪徳な家庭教師、派遣センターも存在します。

 

そのあたりはしっかり見極めて、

「怪しい」「ダメだ」と思ったら即やめる!

そんなスピリットで対応していこうと思います。

 

そのためにはとりあえず、

家庭教師のことを知らないといけないなと思い、

ここでまとめて資料請求してみました。

【かてきょnavi】

  

ここは家庭教師派遣センターの資料がまとめて

何社かぶんもらえるサイトです。

 

何問か問いに答えたら、自宅から近い、

ぴったりの家庭教師派遣所をピックアップして

資料をくれます。

 

興味のある方は請求してみてくださいね。

 

確認の電話がかかってきますが、

その電話の対応の仕方で会社の感じも解りますし、

家庭教師業界の裏ネタも結構教えてもらえましたよ。

 

 

まとめ

 

f:id:kakusan57:20180727152155j:plain

 

あらままの目指す中学受験は

 

「たとえ落ちてもやってよかったと思える受験」

「一生ものの勉強の仕方を身につける受験」

「家族一丸となって楽しむ受験」

 

この一言に尽きます。

 

「お母さんはヒステリー、子供はびくびく、

お父さんは逃げ腰・・・・で、結局不完全燃焼で落ちる」

「受かったけど・・何だか家族はバラバラ」

「中学生活始まったのに登校拒否」

 

はよく聞くことですが、何としても避けたい。

 

まだ3年生なので、いまのうちにしっかり方針を立て、

今年度の終わりごろに家族会議を開きます。

そこで息子の最後の意思確認をした後に

本格的な受験に向かってGOしようと思います。

 

もしあらままのように、家庭教師の資料をまとめて欲しいかたがおられたらこちらからどうぞ!

【かてきょnavi】