目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ 関西】本格的な勉強前に「サクラサク中学受験」をおススメします

 

あらまま家では

一度公文に挫折しています。

いやもう算数の繰り返し問題が

飽きてしまってダメでしたね。

息子君にはむいてなかったようです。

 

さて何かいいものは・・・

と思って巡り合ったのがこれ

 

「サクラサク中学受験 Jr」
(低学年用なのでJrです。高学年用もあります)


f:id:kakusan57:20181220113427j:image

 

家庭学習コンサルタントの

坂本七郎さんという人の冊子です。

 

これは問題集ではありません。

「低学年(3年生まで)のうちに

やっておくべきこと」

がぎっしりとかいてあります。

 

冒頭、いきなりこれから始まります。

 

「上位校に入るためには

低学年からの準備は大事だけど

それはガチガチの受験勉強ではない。

 

早くからそんな受験対策を初めて

難関校に合格できる子はわずか。

 

それよりも子供が小さいうちに

〇どんな学力や習慣を身につけたか?

〇どんなことを体験して何を感じて育ったのか?

〇親はどのようにかかわったのか?

の方が大事」

 

・・・と言い切っています。

 

この考え方に

あらまま非常に共感したんですね。

 

中学受験するからって

そんな小さいうちから

ガチガチに勉強ばっかさせても

ダメだろうな・・・・

勉強しかしてない子供なんて

その中学は欲しいわけなかろうな

でもどうしたら・・・

 

・・・と、あらままが漠然と感じていた

ことを見事に言語化してくれた!と

感動しました。

 

そして冊子はこう続いています。

 

パート1「習慣」

※考える力を育てる

※読む力を育てる

※書く力を育てる

 

パート2「体験」

※生活体験をふかめる

※ほんもの、一流に触れる

 

パート3「応援」

(親の声のかけ方、かかわり方)

 

と細かく分けて、3年生までに

やっておきたいことや、

親はどうかかわっていったらいいのかを

書いてくれています。

 

そこでいろいろとお勧めのオモチャや

問題集が出てくるわけです。

そこであらまま家では

片っ端から買ってみたら・・・・

 

もう食いつきがすごいんですよ。

大喜びでやってました。

オススメのこの2点は

今でも大のお気に入りですね。


f:id:kakusan57:20181220113609j:image

 ロンボスは

ビーズみたいなのを平面に並べたり

ピラミッドに組み立てたりします。


f:id:kakusan57:20181220113621j:image

 

そしておすすめの問題集も

紹介されています。

謎ぺ~とか

天才脳シリーズとか。

 

2種類あたえてみましたが

これまた食いつきが良かったですよ。

 

特になぞぺ~は大大大好きで

シリーズは全部やってしまいました。

 

パート3は親の子供へのかかわり方です。

「こんな風に声をかけましょう」

「勉強と遊びは境目がないもの」

などが具体例を挙げて

解りやすく書いてあります。

 

これもあらままが

「きっとこうしたらいいんだろうなあ」

と思っていたことが

言語化されていて感動しました。

 

もちろんここに書かれていること

すべてが出来た・

出来るわけではありませんし、

あくまで家庭での学習が目的の冊子です。

 

なのでこれさえあれば勉強が

メキメキできるようになる!

というよりも

 

「勉強のきっかけが欲しいと

思っている親御さん」

「中学受験で合格することが

最終目的ではなく

その先の豊かな人生を

目標にしている親御さん」

 

にはものすごくいいと思います。

 

ちなみにここでおススメされていて

息子が一番食いつきの良かった問題集

「なぞぺ~」がきっかけで、

その後息子くんは、はなまる学習会に

入っていくことになるのでした~。

 

サクラサク中学受験に

興味のあるかたはこちらから↓

<公式>サクラサク中学受験 勉強法 私立・国立・公立中高一貫校に対応。

 

 

今年で最後のブログ投稿になります。

読んでくださった沢山の皆様

読者になってくださった皆様

本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

そして来年もよろしくお願いいたします。

 

 

ぽちっとなしてもらえたら嬉しいです。


中学校受験ランキング