目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ 関西】スクールFCの先生の書いた「中学受験 親のかかわり方大全」

 

あらまま、塾には行かないと豪語していますが

もしこの塾が関西に出来たら

 そこには行かせたいと思っています。

 

それはこれ

 

「スクールFC」


f:id:kakusan57:20190126152405j:image

https://www.schoolfc.jp

 

息子くんが行ってるはなまる学習会の

お兄さんバージョン、

中学受検用の塾なんですよね。

 

残念ながらいまのところ関東にしかなく

通える所にはありません。

 

あらままに5億くらいのお金があったら

「これで関西にもスクールFC作ってくださいよ

出来れば○○駅周辺で。はははっ」

みたに言って(成金か)

ポーンと無利子無期限無催促で

貸しちゃうんですが・・・・

今のところありえませんね(笑)

 

 

さてそんなあらままが行きたいと思っている

スクールFCの学長先生が書いている本を

先日読みました。

 

「中学受験 

親のかかわり方 大全」

です。

 

「親のかかわり方」と書いてある通り

中学受検をする子供を持つ親御さんあてに

「どう子供とかかわっていくか」を

暖かい目線でつづってあります。

 

中身はというと

「4年生」「5年生」「6年生」と

年代ごとに書かれていてわかりやすいです。

それ以下の年代の子供を持つ親の方には

「準備期」というカテゴリーも

ちゃんと用意されています。

 

カテゴリー分けされているだけあって

それぞれの年代で悩みそうなこと、

ぶつかりそうなことが事細かく書かれていて

ありがたい。

 

「準備期」の親御さんには

※塾の選び方

※4年生までに大事なことはこれ

みたいに、まさに受験の準備の内容が

書かれていますし

(当然あらままはここを重点的に読んでいました)

 

「6年生」の親御さんのページには

「過去問題の取り組み方」

「併願校を決める時の注意点」

など、ぐんと具体的な内容になっています。

 

f:id:kakusan57:20181002112049j:plain

 

おかげでまだまだ受験まで時間のある、

あらままにとっても

充分な「予習」が出来ました。

 

カテゴリーのところどころに

松島先生の体験談(苦いものも含む)や

親御さんのQ&Aコーナーもあって

ホッと一息つけます。

 

この本に一貫して流れているのは

意味のある受験をしてもらうには

どうしたらいいのか?」

「合格だけにこだわりすぎない受験をするには?」

という松島先生の、合格にこだわらない

子供の幸せを目指した暖かい考え方です。

 

f:id:kakusan57:20190125115930j:plain

 

 

合格はしたけれど、

登校拒否になってしまった、燃え尽きてしまった、

結局12歳の春が人生のピークだった

なんてことにならないために、

 

「学問は楽しいと思ってほしい」

「受験が終わってからも

伸び続ける子供でいてほしい」

 

そんな願いがこの本には

込められている印象を受けます。

 

「中学受験合格さえしたら、

後はエスカレーター式に

いい大学に行ってくれるからそれでいい」

「とにかく子供にはいい学歴をつけたい」

 

というお母さんにはお勧めできませんが

「不合格でも意義のある受験だった」と

言える受験を目指す

お母さんにはお勧めの本です。

 

この本の内容はあらままの目指す所と

全くおなじです。

だからか非常に読みやすく

一気に読めました。

 

「不合格でも、受験してよかったと

思える中学受験を目指そう。

私自身も絶えず学んでいこう!」

と改めて思える1冊でした。

 

 

ぽちっとなしてもらえたら嬉しいです


中学校受験ランキング