家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

【中学受験ブログ 関西】読書とテレビの深い関係ってなんだ?

今日はまたしても読書ネタです。

 

あらままは本好きなもんで

読書ネタはしょっちゅう出てきますよ。

 

www.3742.work

 

 

www.3742.work

 

 

www.3742.work

 

 

www.3742.work

カテゴリーにも最近「読書」作りましたしね。

 

閑話休題。

 

さてそんな あらまま家では

夕食後から就寝までの

約2時間半(お風呂の時間を外す)を

 

「家族の読書時間」

 

としています。

 

なぜそんなことが出来るのか。

 

それはあらまま家では

 

「平日のテレビは基本的に禁止」

 

f:id:kakusan57:20181017101922j:plain



にしているからかもしれません。

(もちろん私も見ません。)

 

週末はテレビ2時間OKにしていますが

(最近古畑任三郎のビデオや

コナンの映画を見るようになったので

3時間見てる時もあります)

基本的に平日は禁止。

 

私も子供と一緒にいるときは

テレビを見ないという

ルールを一緒に守っています。

 

テレビをそこまで禁止するのはなぜか。

 

まず一つ目の理由はこれ

 

「時間をだらだらと過ごしてしまうから」

 

大人でもそうですね。

テレビっていったんつけてしまったら

ずーっと見てしまうし、

そこから「消す」という事は

けっこうエネルギーが要るんです。

 

そして気が付いたら、

大して見たいと思ってなかったような

番組を何となく見てしまい、

時間だけが過ぎていた・・・。

 

これを防ぎたかったんです。

 

なので週末のみテレビOKにしていますが

「見たい番組は平日にビデオに録ること、

週末にそれを見ること」

にしています。

(日曜日に何か見たいものがあれば
それもカウントにいれますが、

いまのところありません)

 

そうすると限られた時間の中で

本当に見たい番組はなにか?って

考えるようになりますね。

 

わたしでもそうです。

録画したものを見ると、

自然と番組を厳選するようになっていきます。

 

 

二つ目はこう思っているからです。

 

「テレビは受け身で楽しむ娯楽。

能動的なものではないので、良質な集中力が

養われるものではない」

 

ぼーっとしててもできる娯楽がテレビ。

それは別にいいのですが(良い番組もありますし)

豊かな時間を過ごしている子供には

もったいないかなと。

 

子どもはもっと濃い娯楽

読書に限らず、レゴや折り紙、

工作に将棋などをさせたいなと。

 

これはゲームの方が害がひどいですよね。

だからあらままはゲームに関しては

最新の注意をはらっています。

 

www.3742.work

 

 

あらまま家ではゲームも与えていないうえ

一人っ子なもんで、テレビもダメにすると

することがありません。

 

傍らのお母さんはひたすら本を読んでいる・・。

じゃあしかたないから僕も

・・と自然と本に手が伸びた

という流れなんですね。

f:id:kakusan57:20180727152534j:plain

いまのところ、テレビ番組のことで

お友達と話が・・という事もありません。

 

テレビを見ない生活は大人にとっても

濃い時間が過ごせていいもんですよ!

 

 

ぽちっとなしてもらえたら嬉しいです


中学校受験ランキング