目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】息子君のおかげで、母の忘れていた情熱を思い出せたの巻

あらままは子供って
本質的に苦手ですが
子どもを持って
良かったなあと思うことの1つに
これがあります。

 

「国語と社会の
面白さを思いきり語れる」
「読書の面白さとすばらしさを語れる」
「一緒に国語(歴史)の勉強ができる」

 

あらままは大学を出ていますが
地方の4流女子大です。
いやここに書いたって、
そんな大学
だれも知らねえみたいなね。

 

f:id:kakusan57:20181022104432j:plain

そんな「アホ大学」出身の
あらままですが
これだけは言えるんです

「学問は面白い」
「読書は楽しい」
(この2つほど楽しいことはない!)

 

4流アホ女子大でも
なぜこんなことが自信持って言えるのか
不思議に思いますよね(笑)
(夫なんざ国公立大学の大学院
(工学部)まで行ってんのに
「算数の面白さなんかわからん」
なんて言ってるんです!!!!
信じられない!!!!!!なんで?)

 

それはやはり
「受検勉強と、学問の本質は
ちょっと違うもの」

だからかもしれません。

今回はあらままの若いころの話をします

あらままの受験時代


あらままは
「現代文、古典」
が大好きでした。
ほおっておいたら何時間でも
ぶっ通しで勉強してたし
一度6時間古典をやっていて
倒れそうになったりも。

f:id:kakusan57:20181022104704j:plain


でも英語は何度教えてもらっても
面白さが解らなかったんですよね。
かといって理系に進むには、
国語が好きすぎて無理。

 

歴史も好きでしたが
受検教科に社会のないとこも
当時は多かったので
挽回も難しい・・・。

 

でも根っからの塾嫌いなもんで
独学をしていました。

 

当時から学問は
一人でやるものと思っていたし
塾に行くと
「自分の勉強ができなくなる」
と思っていました。

 

「受検のやり方」を教えてもらう
というスタンスで
行けばよかったんですよね~。

 

でも一人で
机にかじりついていたその時から

 

「勉強って本当に楽しい」
「いつまでも古典と現代文の
受験勉強をしていたい」

 

と本当に思っていました。

 

当然「受験対策」なんて
やってません、
ただただ嬉々として
国語の問題をやっていただけ・・・。

 

当たり前ですが大学入試は撃沈。
そもそも英語が全くできないのに
文学部って駄目でしょう。
かろうじて某4流女子大の
「国文科」に引っかかりましたがね。

f:id:kakusan57:20180906214358j:plain

田舎の公立高校なもんで、
受検に強いわけでも
熱心なわけでもないので
あらままのそんな勉強の仕方は
放置されっぱなしでした。

 

あらままの大学入学後


バイトにあけくれた1・2年の後、
授業内容の本格化する
大学3年生からの授業は
本当に楽しいと思いました。

 

学問の本質は好奇心であり、
自分で追求していくもの、
そして終わりのないものなんだと
その時はっきり気づいたのです。

 

そしてその信念は今も全く変わりません。

 

4年になって就職を考えた時、
国語でできる仕事って
「国語の先生」しか
考え着きませんでした。
(図書館司書は当時の時点で
仕事なかったんですよ、資格はとれても)


でも学校の先生なんて
絶対に嫌だったんですよね。

40人もの子供の命預かる自身もないし。
だいいち子供嫌いだし。


国語を教えるのは興味あったけど、
塾の先生になれるような
大学でもないし。
出版社は働き口もなく・・・。

 

その後ズルズルと飲食店の
フリーターになってしまいました。
国語大好きという
気持ちも全くジャンルの違うことを
やっているうちに、
遠い記憶に・・・。

 

 

あらままの現在


あれから25年。
いろいろなことがありましたが
私もずいぶん成長し、変わりました。

 

自分のなかの忘れかけていた
「国語大好き」「読書大好き」
な熱い気持ちを思いきりぶつけて
しっかり受け止めてくれる存在がいるのは
本当に幸せなことです。

f:id:kakusan57:20181022104921j:plain


それもこれも息子君のおかげです。

子どもは母親を
選んで生まれてくると言いますが
息子君は私が学びに学んだ
詰め込みに詰め込んだ
国語や歴史を
アウトプットさせてくれている
・・・そんなな気がします。

 

これから一緒に
国語の勉強、古典や漢文、ことわざ、
歴史の勉強・・・をしていけると思うと
本当にワクワクします。

 

息子を授けてくださった神様に
感謝する毎日です。

 

 

 ぽちっとなしてもらえると嬉しいです!


中学校受験ランキング