家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

【中学受験ブログ 関西】合格したのに大失敗?そんな体験談をご紹介します


f:id:kakusan57:20200926151853j:image

 

 

あらまま家は、他の中学受験をされているご家庭から見たら、ずいぶんのんびり進んでいるように見えるかもしれません。

 

なんせこうですから。

 

  • 勉強は平日なら1日1時間程度(学校に行く前に早起きしてやる)
  • 放課後は毎日公園でガンガン遊んでる
  • 日曜日は2時間程度勉強
  • 土曜日は家庭教師の先生(学生のお兄さん)が来てくれて、習っていないような単元を教えてくれる
  • 進学塾には行ってないし、特に模擬試験も今のところ行ってない
  • ○○学校絶対合格・・・という事も言ってない。


どちらかというと、今のペースで勉強していって、受かるところに行こう・・・みたいなノリです。

 

「ダメだったら公立行こうな!
近所の○○中学も捨てたもんやないで!
そこから市立▼高校行くのも全然アリやで!」

 

・・・とも思ってます。


4年生という事もありますが、でもなぜそんなにのんびりしてるのでしょうか?

 

それは、あらままの姪と甥のエピソードがあるからです。

 

詳しくお伝えしますね。

 

目次

中学受験体験記1  姉一家のエピソード

 

f:id:kakusan57:20180522144728j:plain


あらままには姉がいます。


この姉は、のほほ~んとしていて、もともと中学受験なんて全く考えていません。

本人も勉強嫌いで、学生時代はホントに勉強しない・本も読んだことないような人でした。

でもあらままみたいに、色々考えすぎてしまう人からみたら、本当に一緒に居てほっとできる人、敵を作らない人でもあるので、ウラヤマシくもあります。

 


その姉の旦那さん、つまりあらままの義理の兄が凄い。

 

こんなスピリッツで生きている人です。

 

中学受験をして、レベルの高い学校に行き、大きな会社に入った人間がウラヤマシイ。

自分の親は中学受験なんて考えていなかった。

受からなかくてもいいから、中学受験をさせてほしかった。

そんな、レベルの高い大学・企業に行くような人生を、送ってみたかった。

そんなチャンスを与えてもくれなかった親を恨んでいる。

 

だから自分の子供には、何が何でも中学受験をさせる。

だれが何と言おうと、中学受験をさせる(; ・`д・´)!!!

 


・・・・なんと言おうか。

 

一言で言って、幸せじゃない人なんだなあと思います。

 

確かに義兄のいう事には、一理あるかもしれません。

 

でも、一流大学に行き、一流企業に入った人すべてが、幸せに暮らしているわけではないでしょう。

それに今は一流企業でも、5年先はどうなってるか解らないですしね、このご時世。


私も姉も(私の夫も)中学受験をしていない人達なので、ポカーン( ゚д゚)と聞いているだけですが・・・。

 

中学受験体験記2  姪っ子の体験談

 

f:id:kakusan57:20180727152534j:plain


姪と甥が、小学校高学年になる頃から、義兄の要望は本格的になってきました。

 

まずお姉ちゃんの姪っ子。


この子は、もともと勉強好きな子ではありません。

イヤ頭の回転は速いのですが、勉強よりも、ダンスや体を動かす方面に行けばいいのに・・・と思う場面はいろいろありました。

 

進学塾よりも、はなまる学習会がかなり向いてそうな子です。

 


でも問答無用で大手進学塾に行かせます。

 

会うたびに、なんだか顔色が悪くなる姪。


もともとあった活発な元気さが、なりをひそめているな・・・という事は誰も目から見ても明らか。

「女の子なんだし、勉強じゃなくても・・・・。
もっと違うジャンルでもいいんじゃないの?」

心配した、ばあばの意見もこの意見で却下。

 

「レベルの高い学校に行けば、レベルの高い男と(学校の・・・ですね、あくまで)
知り合える機会が増える
(; ・`д・´)!!」


いや・・・知り合っても、「パートナーとして選んでもらえるか」は別ですよ・・・お兄さん・・・。


で、姪っ子は結局不合格。

 

もともと勉強は嫌いだったのですが、この中学受験をきっかけに、ますます勉強が嫌いになり、高校受験もふるわず。

何とか親族の推薦で、ちょっと遠い私立高校に滑り込み、現在3年生です。


でも義兄はまだあきらめずに、こう息巻いています。

 

「大学だけは、何としても入れろ(; ・`д・´)!!!」


もういいやろう・・・・と思うんですが・・・。


中学受験体験記3     甥っ子の体験談

 

f:id:kakusan57:20180907171350j:plain


もう一人、弟の甥っ子体験談を書いていきます。

 

この子は姉一家の中で、ちょっと大事にされてないな・・・という印象を受ける子でした。


でも勉強は、そこそこ出来る子だったようで、自然と義兄も力が入ります。


いままであまり、親に構ってもらえなかったのが嬉しかったのでしょう。

甥っ子も勉強になんとかついていって、塾でも頑張り見事合格!

 

とある中高一貫校に受かりました。

 

めでたしめでたし・・・のはずだったのですが・・・。

 


受かったのは、通学に2時間以上かかる学校。

 

 

学校を聞いたとき、ちょっと不安になったのを覚えています。

 


そして2年後の今はどうなったのか?


なんと、現在中3の甥っ子、登校拒否です。

 

 

甥っ子、なんでそこを受けたの?

その遠い学校、どうしても行きたかったの?

 

と聞いてみたら姉

 

「いや、そこ受けてみろって塾が言うしな~(#^.^#)
偏差値がちょうどって」

 

ああ、おっとりした姉らしい意見・・・。
いや、今回は裏目に出てないか( ゚Д゚)??

 

甥っ子、朝6時に家を出て、帰ってくるのは夜7時すぎ・・・。

帰ったらご飯食べて寝るだけ。

 

当然勉強する気力もありません。
学校の勉強についていくのもままならず・・・。

 

おまけに義兄の意見で、無理やり(さほどやりたいとも言ってない)スポーツもやらされて・・・。

 

可愛そうで見ていられません。
そりゃ学校行くのも嫌になるわなあ・・・・。


きっと義兄は、今こう言ってるんでしょう。

 

「甘えるな(; ・`д・´)!!!
俺だって通勤にそれくらいかけてるんだぞ!!!」

 

 

 

こんな2人のエピソードを反面教師にして、中学受験に臨んだのです。

 

合格しても勉強が嫌いになったり、登校拒否では、あまりにも本人が悲惨ですしね・・・。

 


中学受験合格したのに大失敗?そんな体験談 まとめ

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

ではまとめますね。

 

中学受験を楽しく乗り切るため、あらままが肝に銘じているのはこれです。

 

  • 受かってからが本番(通うのは息子!)通学は1時間まで。
    本人が辛そうなら引っ越す
    (甥っ子のエピソードからも解りますが、通うのに2時間は大人でも辛いです。)
  • 子供が、6年生の秋になっても本気を出さないなら、中学受験はやめる
    (逆に言えば、そこらへんにならないと子供って本気にならないでしょう)
  • 中学受験の目的は合格だけでなく、一生モノの勉強の仕方を身に付けること
  • 夫婦で一枚岩になることを忘れない

 

子供の人生は始まったばかりです。


それに「合格したから、そこから先は、バラ色の学生生活が待っているはず」とも全く思っていません。

 

勉強で勝負するのは12歳、15歳、18歳と3回チャンスがあります。

12歳で失敗しても、チャンスはまだまだあるはず。


「合格しても不合格でも、第一希望じゃなくても、ここまで頑張ったお前は私たちの誇り」

 

・・・子供にこう言ってやれるようにしよう!
と毎日肝に銘じています。

 

なんせ親は2人とも、小学生の時は、ただただ遊んでたんですからね!

 

 

★ あらまま、Z会も毎日コツコツ2年間やってます!

詳しいZ会エピソードはこちらから

 

★塾に行っても成績が伸びないとお嘆きの方はこちら👇



あらままはこちらで、サクシードさんに出会いました!

 

www.3742.work

 

 

www.3742.work