家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

【カンブリア宮殿&ウワサの保護者会】麹町中学校と桜ヶ丘中学校に通わせたい!

先日立て続けに「頑張る公立中学」の番組を見ました。

 

カンブリア宮殿の「麹町中学校」


カンブリア宮殿 2019年9月26日

 

ウワサの保護者会の「桜が丘中学校」

www4.nhk.or.jp

 

 

どちらの中学校も、公立なのにここまでやれることにびっくり。

そして生徒たちも本当にイキイキしていて、あらまま、心底感動しました。

 

そしてあらままの至った結論はこれ


「こんなに公立が変わろうとしているなら、

そして近くにこんな中学校があるなら

わざわざ中学受検しなくてもいいんじゃない?」


どんな中学なのか詳しくみていきましょう!

 

目次


カンブリア宮殿「麹町中学校」の凄いところ

 

f:id:kakusan57:20190914092927j:plain

ではさっそく麹町中学校の凄かったところを見ていきましょう。

 

麹町中学校 単元テスト

f:id:kakusan57:20190901055838j:plain

中間・期末テストをなくして「単元テスト」にしていること。

小テストを単元が終るごとにやるという感じですね。

これを各教科でやっていく。

範囲も狭いし、勉強も楽です。

 

・・これだけだと「なーんだ」って感じですけど、すごいのはここから。

 

各教科で「追試」があるんですよね。

で、2回目の点数がよかったら1回目はカウントされない。

で、問題はほとんど同じとくれば、絶対頑張りますよね。範囲も狭いし。

 

ここでもう一つ良いのが、「比べるものは過去の自分」ということ。

1回目のテストの点より良ければOKなので、人と比べてどうかではないんですよね。

みんなテストの点を、隠さずに堂々と見せているのにびっくりでした。

つぎに頑張ったらそれはナシになるんですもんね。

 

麹町中学校  宿題ナシ

 

f:id:kakusan57:20190721172608j:plain

麹町中学には宿題がありませんでした。

 

その代わりあるのが

「自分のスケジュール帳」

学校が終ったらどう過ごすのかは、各自が決めます。

 

勉強するのかなと思いきや、みんなけっこう自分のやるべきことを見つけて、

勉強しているようです。

 

スケジュール管理ができる大事さは、花まる学習会でも言ってますね。

 


www.3742.work

 


麹町中学校 会議の合宿

f:id:kakusan57:20190602163305j:plain

極めつけはこれですね。合宿!

決められたテーマを班ごとに考えて話し合い、次の日にプレゼンしあう合宿があるんですよ。

 

テレビの合宿テーマは

「地球をよくするためにできること」でした。

みんな真剣に話し合っていましたね。

 

 

社会に出たら

「気の合わない人とでも、協力しあって目標に向かう」

ことは普通にやるべきことです。

 

それなのに

「あいつは合わない」

といってプイッと勝手なことをしたら・・・。

それで社会人失格ですね。

 

中学生でも、2日目には立派なプレゼンをしていたのが印象的でした。

 

他にも良いところはたくさんあるのでしょうが、

テレビで放送していたのは大きく分けて3つでした(ちょっと残念)

 

ウワサの保護者会「桜が丘中学校」の凄いところ

f:id:kakusan57:20190604113318j:plain


 

では次にウワサの保護者会にとりあげられていた、桜が丘中学校を見ていきましょう

 

桜が丘中学校 校則・チャイムなし

 

f:id:kakusan57:20190604112058j:plain

 

桜が丘中学校の生徒たちは髪を染めていたり、

メイクをしていたり、ピアスもしています。

 

でもそれはOK。校則はないのです。

 

でもあまりにも過激な恰好をしている子はいません。

自由である分、キチンと自分たちで規制・自律が出来るのですね。

 

チャイムも鳴りませんが、自分達で時間を見て行動していました。

 

桜が丘中学校 授業を受けなくてもイイ

f:id:kakusan57:20190508130607j:plain

 

桜が丘中学校の一番びっくりしたのはこれ。

授業を受けなくてもOKなんです。

廊下に小さな机が用意してあり、そこで自分の勉強をしている子たちがたくさんいました。

 

 テレビでは、とある帰国子女は英検1級の勉強を図書館でしていて、英語の授業を受けていませんでした。

 

考えようによっては英検1級まで出来る子が、中学レベルの勉強なんてやってられませんよね。苦痛なだけです。

 

だったらその時間は、自分のための勉強をした方がいいはず。

 

授業を受けない=遊んでるというわけではないのですね。

 

みんな「自分のやりたいことや得意なこと、好きなことをものすごく極めている」という印象を受けました。

 


麹町中学校と桜が丘中学校の同じところ

 

f:id:kakusan57:20190420152742j:plain

違う学校ですが、改革に真剣に取り組んでいるところは同じ。そのあたりも詳しく見ていきましょう。

 

生徒の自主性にとにかく任せている

f:id:kakusan57:20190204140639j:plain


これは麹町中学校も桜が丘中学校も同じ。

 

麹町中学校は、運動会の運営も生徒でやって大成功だったそうです。

(テレビではここは出ていませんでしたが、見たかった!)

 

生徒に任せるのは心配も多いのですが

「とにかく『生徒を信じて待つ』ことが大事」だそう。

このあたり、我が子の子育てとまったく一緒ですね。


先生と生徒がとにかくフラット

f:id:kakusan57:20190602163849j:plain

 

びっくりするのが、先生と生徒がとにかく仲良し。間柄もフラットです。

 

どちらの校長先生も偉そうにせず、生徒に先生の方から積極的にかかわっていきます。

 

麹町中学では担任制も辞めていましたが、結果として相談できる先生が生徒から見たら8人いることになるので、相談もしやすいようです。

 

先生もここまで生徒がココロを開いていたらうれしいですよね!

 

あらままの大事にしている「親でも友だちでもないナナメの位置の大人」がこの中学校には沢山いるなと思いました。

 

校長先生が民間の人ではない

f:id:kakusan57:20190420153152j:plain

 

ここまで思い切った改革をしているのだから、あらままはこう思っていました。

 

「きっと校長先生は民間の人で、改革をするためにこの学校に入ったんだろう」

 

でもなんと、二人ともずーっと先生をやっていた人と知ってまたまたビックリ。

 

普通1つのところにいたらどっぷりその世界に染まってしまいますが、ここまで思い切ったことを、粘り強く(両校ともここまで来るのに何年もかかっています)やってくれる先生がいたことに本当に感動します。

 

生徒と先生がイキイキしている

f:id:kakusan57:20180807123500j:plain

 これ、とても印象にのこっています。

とにかく生徒がイキイキしてるんですよね。

いい顔してる。

 

先生もそうです。疲れ切った顔してない。

両校とも校長先生本当にいい顔してた。

 

普通中学生ってもっと鬱屈した感じになるんですが、ここはみんな本当にいい笑顔でした。

 

みんな自由闊達な校風を楽しんでいるんでしょうね。

 

 もちろんこの学校でも登校拒否になる子はいますが、当然特に問題にもならず、校長先生自らがその子に普通にメールしたりもしてました(で、校長先生に会いに来るんですよ、その子が。普通はありえませんよね!)

 

あらままの思う事

 

f:id:kakusan57:20180804144655j:plain

 

そもそもあらまま夫婦が中学受検を目指したのは、決して息子を「いい大学」に入れるためではありません。

 

これが大事だと思ったからです。


「13歳から18歳までを、生徒の自主性を重んじた校風のある学校で、のびのびと学ぶこと。

中高一貫の中で、年の違う沢山の先輩にもまれること」

 

でもそれを実現している中学校にいくためには、小学校生活を明らかに犠牲にしたような勉強を子供に強いなければなりません。

 

親の精神的疲労も相当なものですし、金銭面の負担も馬鹿になりません。

 

またそんなにまでして入った中学なのに、勉強について行けなくてまたまた塾に通うことにでもなったら、自主性を重んじた校風を味わうことなどできないでしょう。

 

あらままは中学受検にそんな不安も感じていました。


でもここで紹介された中学校なら、小学校生活を満喫したうえで、入ることが出来ます(近くに住んでいたらね)

 

最初あらままは、13歳~15歳の子にそこまで出来るのかなと思ってみていましたが、意外や意外、みんなキチンと出来ているのです。


「自由でいることの方が難しい」ということまで言っている子までいました。

 

いやそれはそうでしょうよ( `ー´)ノ!

孔子だって「心の欲するところんに従いて規を超えずと」になるには70歳までかかったんですから!

 

「そこまでハイレベルな学校に行かなくても、

こんなにみんな出来るんだ!やれるんだ!」

 

それは大きな衝撃でしたね。

 

麹町中学校・桜が丘中学校 まとめ

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain


 

このテレビを見た後、夫婦で2日間話し合いました。

 

本当に中学受検をすることが、息子の、あらまま家の幸せにつながるのか?

金銭的には本当に大丈夫なのか?

 

私立中学に行くことで、親に負担がかかりすぎるようなことにならないのか?

憧れた私立中学の校風を、体現した公立中学もあることが解ったから、そこも視野にいれるという事もありなのでは?


何度も何度も話し合いました。

 

その結果、この記事でもお話しましたが、

とにかく4年生の2月までは様子を見ることになりました。

そこで最終家族会議を行います。


でも、あらまま家には

「改革を行った中学に行くこと(引っ越す)も視野にいれる」

という選択肢も増えたことをお伝えします。

 

いつかしれっと

 

「我が子を『きちんと稼げる大人』にするためのブログ」

 

にタイトルが変わっているかもしれませんので要注意ですよ~!

 

ぽちっとなしてもらえたら嬉しいです!

 


中学校受験ランキング