家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

ライン?ツイッター?ユーチューブ?子供のSNSの第一歩、我が家はこれを使っています!

 


子供がSNSを通じて、犯罪に巻き込まれたりすることが多いですよね。


子供はまだまだ、ネットの怖さをよくわかっていません。
そして、悪い大人がどうやって、子供に近づいてくるのかも。


その手口は、年々巧妙化していて本当に心配です。

 

かといって、ネットやSNSから一切遠ざけて成長させる、大人にするというのも極端すぎ。

また、SNSを通して何かを学ぶこともあるので、さじ加減が難しいところではあります。

 

あらまま家では、このコロナ休校で、退屈している息子に、初のSNSをやらせてみました。

 

それは「読書メーター」


f:id:kakusan57:20200702151227j:image

 

 

読書をしている人専門のSNSなのですが、これが結構当たった。


読書に拍車がかかるうえ、文章を書く練習にもなるという結果にもなり、やらせてみてよかったです。


そんなあらまま家の、SNS事情を少しだけお伝えいたします。

 

あらまま家のSNS事情 読書メーターとは

f:id:kakusan57:20191002131946j:plain

 

あらままは、この中学受験ブログとは別に、もう1つこんなブログをやっています。

「ネコ缶さとこの読書は楽し」

dokusyo-happy.com


いわゆる読書ブログですね。

 

あらまま、読書の記録と、ブログの宣伝を兼ねて、今回書いている読書メーターなるものを使っていました。


その読書メーターというものを、まずはご紹介しますね。

 

読書メーターの特徴1 自分の読んだ本が記録できる


f:id:kakusan57:20200702151345j:image

 

「あー、今月はたくさん本を読んだなあ・・・・何冊くらい読んだっけ?

あれ?・・・何読んだっけ?」

 

となるのは、実はよくあること。

読書メーターは、自分が読んだ本をすべて記録できます。

f:id:kakusan57:20200702151442j:image

そしてグラフ化も出来るので、今月はどんな本を何冊、あるいは何ページ読んだのかも解ります。


f:id:kakusan57:20200702151403j:image

これはあらままの読書メーター。

 


f:id:kakusan57:20200703080843j:image

こちらは息子の分ですね。

 

 

作家さんも記録されていくので、自分の趣味嗜好がはっきり解りますよ。

 

そして、つもりつもって、「今年は何冊読んだのかな~」という事も調べることができます。

 

これは結構便利ですよ!


読書メーターの特徴2 感想を書くことができる

f:id:kakusan57:20190901055921j:plain




読書メーターの良いところは、記録だけではなく、読んだ本の感想を投稿できる所。

 

200文字くらいですが、こんな感じで、自分の率直な思いを書くことができます。

 

f:id:kakusan57:20200702151413j:plain

こちらは私の分ですね。

 


f:id:kakusan57:20200703080938j:image

こちらは息子の分。

 

 

感想を書くことは、息子にとって「自分の考えや思いを文字にする」「正しい文章を考えて書く」という、格好の練習材料になりました。

 


きっとこれを、紙でやらせると、渋ったでしょう。

 

 

でもタブレットを触りたい息子でもあるので、タブレットでやらせると喜々としてやってくれます。


男の子は機械が好きですね~。

 

読書メーターの特徴3 読書を通して人とつながれる

 

f:id:kakusan57:20181122075207j:plain

これも大きな特徴でしょう。

 

普通のSNSはテーマがなく、何を書いてもいいのですが、危険も多いですよね。

 

でも「読書の感想」だと、そこまでの危険度はありません(書くテーマは決まっていますしね)

また、人の書いた感想を読むことも、読んだ感想にコメントすることも出来ます。


SNSではおなじみの「いいね」を送ることも出来ます。

 

この辺りはSNSと全く同じですね。

 

息子君も今のところ、結構楽しんでやってくれます。

 

そして、ネットを通して、人とこうやってつながっていくのだな・・・という勉強にもなっているようです。

 

読書メーターの特徴4 参加するからには読書をしないといけない

 

f:id:kakusan57:20181002112049j:plain

 

読書メーターがほかのSNSと違うところは「読書をしない人は全然楽しくない」こと。

 

これはもう「読書していることが前提のSNS」なので当たり前ですね。

 

自分の書いた感想に、いいねが欲しければ、たくさん本を読み、文章の書き方を工夫しないといけません。

 

ここでは過激な動画を載せることも出来ませんし、今のところ人を中傷する人は発見できていません。

 

とてもおだやかなアプリだと思います。

 

もちろん読書メーターにも「つぶやき」という、ツイッターに近い機能もありますが、あまり活発ではありません。

 

やっぱり本の感想がメインですね。


こんなわけで、読書メーターが、あらまま家・息子君の、SNS登竜門になったのでした。


子供のSNSについてあらままが思う事

 

f:id:kakusan57:20190311121305j:plain


とはいえ、息子くんの読書メーターがいつまで続くのかは解りません。

いつかツイッターや、動画配信をするようになるかもしれません。

 

でも読書メーターをきっかけに、息子とSNSについて話し、こんな約束事をしました。

 

  • 人を攻撃しない
  • きたない言葉遣いはしない
  • 本名で書いてもOKな内容、自分が書いているという事が、万が一バレても大丈夫な内容にする
  • もし攻撃してきた人がいても、反論はしない
    (子供六法の出番と思う事)

     

    www.3742.work

     

 

SNSは、まだまだこの世に普及して、何十年も経過したものではありません。

あらままだって、まだまだ。


でも「しくみも何も解らないのに、子供にやらせる」事は絶対にしません。

 

そして「あらままも、子供が使っているSNSを一度やってみる」くらいはこれからもして行こうと思っています。

 

それまでは、お互いの読書メーターでフォローしあって、読書を深めていこうと思います。


子供のSNSの第一歩、あらまま家はこれ まとめ

 

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

これからもSNSはどんどん進化していくでしょう。


あらままも「解らないから」と子供任せにせず(これは危険)しっかりSNSは勉強していこうと思います。