目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】あらままが「楽しい中学受験」にそこまでこだわるわけ

ブログのサブタイトル、ツイッターのアカウント
にもしていますが、あらままは

 

「楽しく中学受験すること」
「落ちたとしても、
『中学受験してよかったね』

って言えるような勉強にすること」

 

に強くこだわっています。

それにはこんな理由があるからなんです。


あらままが働くカフェに来た親子

あらままは外食産業でずーっと働いていました。
いまはやめていますが、ちょっと前までは
近くのカフェでバイトしてました。

f:id:kakusan57:20181002101036j:plain

そんな時、こんな親子が来たのです。

 

子どもは5年生くらいの男の子。
お母さんは40歳くらいかな?

 

どこにでもいるような
2人連れだったのですが
なんか空気がおかしい・・・・。

 

お母さんがお店だというのに
ヒステリックに子供に怒鳴ってるんですよね。
進学塾の宿題をやらせているけど
やる気を見せてないのか、出来が悪いのかで
相当イライラしている様子。

 

男の子も泣きながらなんか言い返してるけど
当然勝ち目ナシ。

 

くどいようですが、公共の場です。
家の中ではありませんよ。


最後にその子が言い放ったこと

あらままはなんだか見ていて胸が痛くなりました。

 

男の子の気持ちは良く解ります。
本当は受験したくないのかもしれないし、
週末だったから、遊びたかったのかもしれません。
たまたまスランプだった
・・・ということも考えました。

 

そのお母さんが追い詰められていることも
容易に想像がつきます
お父さんは何をしているんだろう?
お母さんの話を聞いてあげてないのか。
そもそも夫婦で中学受験について、
意見が一致しているのか・・・・。

 

周りに異様な空気を放っていた親子でしたが
最後にその男の子が泣きながら言いました。

 

「お母さんは僕のことが嫌いなんでしょう」

 

・・・・こっちまで泣きそうになりました。

f:id:kakusan57:20180910185619j:plain

公の場でここまでやり取りしてるってことは
家の中ではどうなんだろうか。
もっとひどいんじゃないか・・・。

 

「もういいって、ちょっと遊んできなよ」
「お母さんも、毎日大変ですよね。
ちょっと一息ついて、

何か甘いものでも一緒に食べませんか?」

 

って悲しくて思わず言いそうになりました。

 

3まとめ

結局その親子がどうなったのかは解りませんが
あらままの脳裏には焼き付いています。

 

男の子のその後が心配ですが・・・。

 

楽しく中学受験なんて、難しいことかもしれません。
でもあらままはやっぱりそこに、
最後までこだわっていきたいな・・と思います。

 

 

ぽちっとしてもらえると嬉しいです!


中学校受験ランキング