家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

我が子がゲーム中毒で悩んでいる方必見の本「ゲーム依存から我が子を守る本」


旅行や外出はしづらい、退屈な夏休みですね。


ゲームばかりになってしまう子供さんも、多いのではないでしょうか。


あらまま家では、ゲームを一切させずに10歳まで来れました。
(ちなみにスマホもまだ与えていません。)

 

想像力が養われないし、これが怖いなと思っていたからです。

 

「ゲーム中毒」

 

あらままは「ゲーム中毒」の原因は、ゲームが精巧に作られ過ぎているせいかな~・・・と今まで思っていました。

でもそうではない、ゲーム中毒になっている子供は、辛いからゲームをしているという事が判明。


また、ゲームをしているから、こどもは自殺をしなくて済んでいる・・・という事もあるそうです!


なぜそんなことが言えるのかって?

この本を読んだからです。

 

「ゲーム依存から我が子を守る本」


f:id:kakusan57:20200801142716j:image

 

子供がゲーム中毒になって悩んでいる方に、ぜひおすすめしたい1冊です。

詳しくご紹介しますね。

目次

 

 

「ゲーム依存から我が子を守る本」あらすじ

f:id:kakusan57:20200801141135j:plain

「ゲーム依存から我が子を守る本」は、ゲーム中毒の原因から治療、家族での取り組み方などが、イラストを交えて詳しく書かれています。

 

医学的なことは解らなくても、とても読みやすいですので安心ですよ。

 

内容を細かくみていきましょう。


ゲーム中毒の原因1 3つの要素がある

f:id:kakusan57:20200801141342j:plain

 

まずは原因からです。

 

中毒の原因は、ゲームが精巧すぎるとか、本人の怠け心と大人は思うのですが、実はそうではありません。

この3つの原因が、複雑にからみあっているのです。

 

①本人の気質

  • 他人とコミュニケーションをとることが苦手
  • 発達障害
  • 他人に悩みを打ち明けられない

 

・・・などなどいろいろありますが、大きな理由は「他人とコミュニケーションをとることが苦手」という事。


なので誰かと遊ぶことができず、一人で手軽に出来るゲームに、ついつい手が伸びてしまうということですね。

 

子供もある程度大きくなってきたら、親も遊び相手が出来ません。

なので、親もゲームをしていてくれたらラク・・と思ってしまい、ズルズル許してしまうのですね。

 

②ゲーム自体がよくできている

  • 手近で軽く、持ち運びも出来る
  • 飽きないような工夫
  • ゲーム上の友達が出来るようになっている

あらままが子供の時のゲームとは違い、今のゲームは本当によくできています。
オンラインで日本中の人とつながることも出来て、全く飽きません。

 

これものめりこみやすい原因。

 

これらはだれでもすぐに思いつく原因ですが、大きな原因は、実は次に挙げることなのです。

 

③学校や家庭での孤立感

 

  • 家庭や学校で「ダメな奴」扱いを受けている
  • 家庭での居場所がない
  • 自信を無くすことがあり、トラウマになったり被害者意識を持っている

後、こういったことも大きな原因になるようです

  • 両親の不仲
  • 虐待

何か心に辛いものを抱えていて、それから目をそらすためにゲームをする・・・ということなのですね。

 

これはあらまま、目からうろこでした。

 

ゲーム中毒の原因2 実験結果からわかる環境の大事さ 

 

f:id:kakusan57:20180910185619j:plain

ここで解りやすい実験結果がありました。

 

「ラットパーク実験」

 

カナダで行われた実験で、32匹のラットを、16匹ずつこの2つの環境に置きます。

 

  • 植民地ネズミ・・16匹を1匹ずつ金網にいれ(孤独にさせ)遊び道具もない環境に置く
  • 楽園ネズミ・・16匹全員食料を十分に与え、隠れたり遊んだりできる快適な環境に置く

 

そしてそれぞれのオリに「モルヒネ入りの水」を入れるのです。

 

すると植民地のラットは、頻繁にモルヒネ水を飲むようになるそうです(あっという間に依存ってこと!)

 

でも楽園のラットは、ほとんどモルヒネ水に興味を示さないのです。

 

また、植民地ラットのモルヒネ水の味を、劣悪にしても依存性は高いままだった・・・ということが本当に興味深いところ。

 

これは大人でも同じではないでしょうか?

 

大人も、孤独で劣悪な環境にいたら、辛さを一時でも忘れるために、何らかのものに依存しやすくなります。


大人の場合は子供より自由度も高く、お金も持っているので、薬物、アルコール、恋愛、ギャンブルなど依存対象は様々になります。
(もちろんゲームも入りますね)

 


でも子供の場合は、ゲームしか対象がありません。

 

 

なので生きることが辛いと感じたら、ゲームに依存・・・という事になるのでしょう。


すべての子供が、ゲームを持たせたら中毒になるわけではありません。

 

他に十分な楽しみがあって、痛みを抱えていない、孤独ではない子だけが「ルールをまもってゲームと付き合える」のだという事ですね。

 


ゲーム中毒 治療法はこれ

f:id:kakusan57:20180907171231j:plain


中毒だからと子供から無理やりゲームを取り上げても、追い込まれた子供にとって、もはやゲームは「心の支え」にまでなっています。

 

なので取り上げても、事態は悪化することの方が多いとか。

 

無理やり取り上げてしまうよりも「環境を改善すること」が最優先。

 

子供がリラックスできる家庭にする、夫婦も仲良くする、本人がゲーム中毒になる前に楽しんでいたことをやらせる・・・などが効果的とか。

 

無理な勉強で追いやられてるなら、お受験もいったん辞めるという事も、ちゃんと書かれていました。

 

親の価値観「いい学校に入っていい会社に行かないと負ける」や、「私がいないとこの子はダメになる」などの過干渉も、辞めないといけません。

 

ゲーム依存を診てくれる精神科医の助けも、ぜひ借りましょう。

 

あらまま、ここでも「家族に第三者を入れることは大事」と言いましたが、ゲーム依存でも大事なようです。

 

www.3742.work

 


「ゲーム依存から我が子を守る本」感想

 

f:id:kakusan57:20180614152843j:plain

この本は、本当に興味深く読ませてもらいました。


一番衝撃だったのはこの一言です。

 

「ゲームに依存することで、子供は自殺せずに済んでいる」

 

これはびっくりな一言ですが、ふとこんなことを思い出しました。

 

あらままも子供の頃は、両親の仲が悪いうえ、嫁姑問題もあり、家に居場所が無くて本当につらかったのです。

でも当時は家にゲームもなく、死ぬことばかりを考える毎日。


家にいたくなくて、狂ったようにバイトをして体を壊す。

 

挙句の果てには摂食障害、そして「ウツ病」になってしまい、青春が真っ黒になってしまいました。

 

もしあの時、今のように手軽で、どこでも出来るゲームがあったら・・・・。

 

私もおそらく、ゲーム中毒になっていたでしょう。

もしくはSNS中毒ですね。

 

ゲーム中毒は、私のように自殺未遂や摂食障害、ウツ病になって何年も過ごしてしまうよりは、まだましなのかもしれません。

 


あらまま家は、幸いゲームなしでここまで来れました。

 

息子君、動画は見ますが、今のところ30分だけ、すべてのやるべきことが終わってから、リビングで見るという事を、徹底してくれています。

 

ルールを守ってくれる子供に感謝し、怒ることはあっても、いつまでも子供の味方であろうと思います。

 

 

「ゲーム依存から我が子を守る本」 まとめ

 

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまとめますね。

 

ゲーム中毒の原因

  • 「他人とコミュニケーションをとることが苦手」という事が、本人側の大きな原因
  • ゲームの精巧さも原因だが、子供の置かれている環境が一番の原因
  • 孤独にさせず、手に負えないときは、第三者に介入してもらう
  • 子供だけのせいにせず、親も価値観や態度を改める努力が必要

 

ゲーム中毒は2019年に、依存症としてWHOが認めました。

 

家族だけでは、治療が難しいのは他の依存症と同じです。


ひどくなったら専門家の力に頼って、「ゲームは楽しんでも依存はしない」ように環境に留意するのが一番いいようです。