目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】あらままが息子に英語を習わせない3つの理由

あらままは息子に英語をやらせていません。

 

やりたいって言ってないというのもありますが、
基本的に英語を習わせるつもりはないのです。
なぜなら

 

「週に1回行くぐらいで、語学が身につくとは思えない」
「真の国際化は英語を話せることではない」
「今は他に大切なことがあるから」

 

と思っているから。

賛否両論あると思いますが、
今日はこれについて書いていこうと思います。

 

週に1回では身につかないと思う

あらままは英語が得意なわけではないし、
(なんせ偏差値が高校の時40だった人ですから)
いまでも話せる人ではありません。
でもこれは思っています。

 

「英語を話せるようになるには、
英語漬けにするのが一番いい」

f:id:kakusan57:20181002112049j:plain

赤ちゃんが話せるようになるのは
周りの人が話しかけることによって、自分の頭の中に
言葉のためができるからですよね。

 

語学ってそういうもんかと思います。

 

あらままは、
洋楽が結構好きなもんで(英語苦手なくせに)
CDを一時よくかけていました。

それを聞いていた幼い息子君が、
めちゃめちゃでもなんか英語らしき言葉を
口ずさんでましたから、習うよりは
そっちの方がいいなと思います。お金もかからないし。


真の国際化は英語を話すことではない

 

これを言うと語弊があるかもしれませんね。
あらままにとって「真の国際化」とは、
「自国の文化に誇りを持つこと」
じゃないかな~と思うんです。


日本語がペラペラの中国人に

「金瓶梅を読みたいと思ってるから、あらすじを教えて」
「水滸伝の中でだれが好きですか」
(あらままは漢字出てこないけど『そうこう』が好きです)

って言ったとき

「読んだことない」

って言われたらがっくりします。

イギリス人に
「ホガースの絵っていいですよね!」
(あの皮肉たっぷりな絵は秀逸)
フランス人に
「ロベスピエールはフランスでどう扱われているの?」
(あらままは結構評価しているほう)
・・・・

あらままは言いたいこと、
聞きたいこといっぱいあります。

英語が出来たら、
外国人に聞かれることって、
絶対こんなことじゃないかな。

「歌舞伎と能と狂言はどうちがうの??」
「源氏物語ってどんな話?」
「アベノミクスって何のこと?」

そんな時、全然答えられなかったら・・・・。

なんだかがっくりされそうですね。

f:id:kakusan57:20181002112151j:plain

日本にはいい文化、芸術沢山あります。
それらに造詣が深くて、日本の政治も良く知っていたら・・・

英語が話せなくても、
向こうが通訳つけてくれるんじゃないかな。

そう思うのです。


今は他に大切なことがあるから

 

英語は後からでも勉強できます。
今やらないと出来ないことは
ネイティブみたいな発音ができないことだけ。

 

でも「読み」「書き」が出来れば、ネットなどで
世界中の人と家にいながら
「メール」「ツイッター」などで
交流はできますよね。

 

そこから発展してビジネスにつながる
可能性はいくらでもみつけられると思うのです。
そして「読み」「書き」ならば
後からいくらでも身に着けられますよね。

 

それよりも

「外遊びをすること」
「本を読む習慣をつけること」
「友達にもまれること」
「学ぶことは楽しいということに気づくこと」

f:id:kakusan57:20180907171350j:plain

これが今しかできないことだし
(あとから身につかない)
もっともっと大事なことじゃないかな
・・・と思います。


まとめ

 

英語を小さいうちから・・・というのは
「一流の会社勤めをするため」
が大前提にあるような気がします。


でも英語がペラペラに話せても
ビジネスのセンスがある人に
こき使われるだけ・・・
ということも考えられます。

 

英語はあくまで「ツール」かなと。

 

ツールは無ければ借りることができます。
それより息子くんには
「自分の力で人生を切り開く力」
をつけてほしいし
「会社勤めだけが人生ではない」
ということを知っておいてほしいな
・・・と思っています。

 

 

 

 ぽちっとしてもらえると嬉しいです


中学校受験ランキング

 

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料