家族が笑顔で中学受験を乗り切るためのブログ

「家族で楽しく中学受験を乗り切る!」これをモットーに その他おかあさんのためのお役立ち情報も書いていきます

【中学受験ブログ 関西】子供新聞「朝日」「読売」「毎日」比較!おススメは?

 

子どもにニュースを見てほしい・・・

世の中のことに興味を持ってほしい・・・

 

世の中のすべてのお母さんは

そう思っているのではないでしょうか。

 

でも新聞は難しいし、活字が細かい。

そのうえ子供がわかるように、

易しく書かれているものではない・・・。

 

あらままもご多分に漏れず

もちろんそう思っています。

 

ただうちの場合は、普段テレビを見ていないという

条件が重なるので、

さらにニュースに縁遠くなっています。

 

なんとかしないと、このままでは

ものすごく浮世離れした

子どもになってしまう・・・。

しかも3年生になってから、

ニュースネタで、授業中話をすることもあるし・・・。

 

ますますやばい・・。

 

そんな危機感を抱いたあらまま、救世主を見つけました

 

それは

 

「子ども新聞」

 

5大紙全部とまではいきませんが、

有名どころは大体子ども新聞出しています。

 

どんなんなんでしょうか?

ためしに片っ端から無料講読してみました!

 

目次

 

子ども新聞無料お試ししてみました


f:id:kakusan57:20190528090136j:image

 

大手新聞社で、子供新聞をやっているのは

「朝日」「読売」「毎日」です。

この3社は購読していなくても、

お金を払えば子供新聞だけでも定期購読できます。

そのうえ無料でお試しもさせてもらえるとか!

 

早速あらままも全紙無料でお試しさせてもらいました。

 

その結果です

 

「子供新聞3社比較表」

  毎日子ども新聞 朝日小学生新聞 読売子供新聞
料金 毎月1580円 毎月1769円 毎月500円
読みやすさ
どのくらい届くか 毎日 毎日 毎週木曜日
ページ数 8~12 20
紙の大きさ 本物の半分 本物と同じ大きさ 本物の半分
お試しはどのくらいできるのか 1週間毎日届く まとめて3部届く 1部届く

 

こんな感じになります。

 

料金は、その新聞社の新聞を撮っていない

場合の金額です。

(あらまま家は新聞をとっていません)

 

もしこの3社のどこかの新聞をとっているうえで、

子供新聞も・・・という事になったら

金額は変わってくるかも知れませんので

聞いてみてくださいね。

 

ではここから各社の子供新聞の内容を

見ていきましょう。

 

毎日小学生新聞


f:id:kakusan57:20190528090345j:image

 

特徴

〇とにかく読みやすい

〇字が大きい

〇ニュースは少し少な目、知識や歴史、学問系ネタ多し

 

毎日子ども新聞の大きな特徴は、

朝日、読売に比べて字が大きい、字と字の間が

開いているのでとても読みやすいということでしょう。

 

経済・政治ニュースは2・3面にいくつか

書かれているだけで、あとは

「天体観測図鑑」「憲法の歴史」「連載小説」・・

などなど、学問系のネタになります。

 

難しくないし、サイズも小さいので

低学年の新聞入門用にはピッタリだと思います。

 

 

 

朝日小学生新聞


f:id:kakusan57:20190528090353j:image

特徴

〇普通の新聞紙と同じ大きさ

〇内容レベルはちょっと高いかも

〇広告が多い(1ページ使うこともある)

 

 朝日小学生新聞は普通の新聞と同じ大きさです

(その分広告が多め)

大人と同じことをしたい子どもさんには

そのあたりちょっといいかもしれませんね。

 

活字は毎日小学生新聞に比べると小さくなります。

そしてあらままの印象ですが、内容もちょっと本格的。

4~5年生向けかな?

 

1面にキッチリしたニュースが掲載されているのですが

その内容は3年生にはちょっと難易度が高いですね。

 

ただ、朝日小学生新聞には、あの忍たま乱太郎が

連載されているので

子どもたちは喜ぶかもしれません。

 

 

 

読売子供(KODOMO)新聞


f:id:kakusan57:20190528090402j:image

 

特徴

〇週に1度、1部しか来ないが、その分ページ数が多い

〇女のコ向けのオシャレ講座的なものがある

〇大きさは毎日小学生新聞と同じ、難易度は朝日と毎日の間くらい

 

読売子供新聞の大きな特徴は

「週に1回のみ配達、20ページ」

というところでしょうか。

毎月の値段もその分安いですね。

 

そんなにしょっちゅうしょっちゅういらないわ・・・

安いほうがいいし・・・。

という方は文句なく読売がいいです。

 

難易度、広告の量などは朝日と毎日の間くらい。

明朝体ではない活字なので親しみやすいです。

 

ただ「お試し」が1部しかこないので

そこだけがちょっと不満かなと思いました。

 

子ども新聞があるメリット

f:id:kakusan57:20190520150214j:plain

では最後に新聞社にかかわらず、

子供新聞を読むメリットを

挙げておきますね。

 

子ども新聞をきっかけに親子の会話が出来る

f:id:kakusan57:20181022104921j:plain


 

3紙読み比べて気づいたのですが、

新聞があると自然に親子で会話できるんですよね。

夕食後、新聞を広げながら

 

「こんなことがあったんだね」

「これはこういうことだね」

「この漫画面白いね」

 

という会話が自然に広がります。

また、各紙必ず算数の問題などが

掲載されていますのでトライしてみたり。

 

・・・こうしたことが自然にできます。

 

特に男の子なんて、お母さんと共通の話題が

乏しくなりがちですが

こうした新聞が間にあることによって

自然と会話が出来ます。

 

これは大きな気づきでした。

 

イベント広告などに興味深いものがある

f:id:kakusan57:20180727152155j:plain

 

子ども新聞にももちろん広告はあります。

でもその広告が(さすが)子供関連のモノばかり。

 

「発明アイディアコンテスト」

「ミツバチの一枚画コンテスト」

「作文コンクール」

 

など、得意なものを競うものであったり

 

「ひらかたパーク コナン科学捜査展」

「難関私立進学相談会」

 

なんていうイベント系もあります

(これは朝日に多いですね)

 

おススメの本などの別紙も入っていることがあるので

子育てをしている家庭にはありがたいな・・・

と思いました。

 

子ども新聞、実は大人が読んでも楽しい

f:id:kakusan57:20190528091748j:plain


 

子ども新聞は子ども相手に書かれているので、

とにかくわかりやすいです。

 

そして大人が読んでも面白いです。

 

政治・経済のことはかみ砕いて書かれていますし

連載小説もさすがにいいものが書かれています。

 

活字も大きいので、実はお年寄りも

楽しんでいる人が多い

という事を聞いたことがありますが

うなずける話。

 

あらままも久しぶりに新聞を読んで

新聞っていいなと思いました。

 

 

 

子ども新聞比較 おススメはどこ? まとめ

 

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain

そんなわけで、子ども新聞じっくり1週間読んでみました。

その結果こういうことが言えるかなと。

 

・新聞入門には「毎日小学生新聞」

・お兄さんお姉さんには「朝日小学生新聞」

・しょっちゅう配ってくれなくてもいい、

毎月のお値段は安く上げたい方は「読売子ども新聞」

 

 

こうした結果をふまえてあらまま家は

「毎日小学生新聞」に決定しました!

 

まだ3年生の息子には

活字が大きくて読みやすいのが一番大きいですね。

息子に聞いてみても、毎日がいいという事でしたし。

(1週間毎日見続けたので、

慣れたというのも大きいですが)

 

というわけで、とりあえずは

毎日子ども新聞などをとって

夕食後に新聞ネタで会話をしていこうと思います。

 

 

毎日子ども新聞無料お試しはこちら

 

朝日小学生新聞無料お試しはこちら

 

読売子供新聞無料お試しはこちら 

 

 

 

 

 

ぽちっとなしてもらえたら嬉しいです


中学校受験ランキング