「マイペースでユルめ」な我が家の中学受験

受かってもダメでも「やってよかったね」と言える中学受験を目指します

【中学受験ブログ 関西】模擬試験(浜学園オープンテスト)受けたら意外な展開に?


f:id:kakusan57:20210302092627j:image
 前回、場慣れのために模擬試験を受けてみることにしました・・・
という事を書きました。

 

www.3742.work

 

自宅学習しかやっていなかったこの1年。

 

1年の結果はどうだったのか?
どんな問題が出たのか?

 

お伝えしますね。


そして模擬試験を受けてみたら、意外な展開になったことも、ついでに書いていきます。

 

目次

 

 

模擬試験(浜学園オープンテスト)を受けて1 「まずはこんな目的で」

 

f:id:kakusan57:20190508185300j:plain

親子ともども、点数にこだわらないために(まだ最初だし)模擬試験の目標を立ててみました。 

 

 前回のおさらいになりますが、こんな感じです。

 

【算数】

  • 計算からスタートし、落とさない事
  • 文章問題はできそうな問題だけやる。そして落とさない

 

【国語】

  • 漢字・ことわざ・文法からスタート。これも落とさない
  • いつもやってる文章問題の解き方でやる

 

【全体を通して】

  • 名前を一番最初に書くこと
  • 字は丁寧に!(鉛筆はかならず削る)
  • 出来たら見直し

 

そしていよいよ本番です!

 


模擬試験(浜学園オープンテスト)を受けて2 「こんな問題が出ました」

f:id:kakusan57:20190901055838j:plain



模擬試験(浜学園オープンテスト)どんな問題が出てるのかなと思いますよね。

 

興味のある方もおられると思いますので、軽くご紹介していきます。

 

模擬試験(浜学園オープンテスト)算数


f:id:kakusan57:20210302092640j:image

1計算問題

これはごくごく基本的な計算問題。
学校の宿題をしっかりやっていれば十分対応できます。

 

2図形・角度の問題

これも基本的な問題。
自分なりの図、補助線などが書けると尚ヨシ。

 

3単位の問題

時間やメートル、重さに量・・・。

日常使う単位を、違う単位に直せるか?
これもごくごく基本的なことを聞いています。

 

4文章問題

ここから差がつく問題が出てきます。
4はまだ、小学校レベルですね

 

5規則性の問題

これは中学受験によく出てくる類の問題。
問題に慣れていること、手を使って、●の時はM、〇の時はN・・・と書いていけば出来る問題でした。

 

息子君、この5は全滅。

 

試験後に算数は、家庭教師のセンセイに解説をお願いすることにしました。
(やっぱり家庭教師のセンセイがいてくれて本当に良かった・・・(涙))

 

お次は国語です。


模擬試験(浜学園オープンテスト)国語


f:id:kakusan57:20210302092649j:image

1漢字
これは点取り問題ですね。
全問正解といきたいところですが、ふるいにかけるための問題もキチンと存在。

今回は「元来」これが読めるかどうかが、ふるい分け問題でした。

 

2ことわざ
これも1と同じ点取り問題。これは息子君の得意なところ。
選択問題だったので、まだ楽です。

 

3文法
主語はどれ?という文法問題。
ちょっと苦手なジャンルでした。なんとか8割正解。

 

4物語文
問題は簡単ですが、ちょっと長めの文章。
〇字以内で答えなさい・・・みたいな問題が無くてホッ。

 

5論説文

 少子化を取り上げて、ちょっと想像力を働かせてもらう問題。
問題文はかなり短いですが、読み込みができているかを鋭く聞いています。

 

 問題の枚数も多かったのですが、Z会でコツコツ添削をやっていたこともあり、何とか時間内にできたようで良かったです。

 

模擬試験の問題を見て思う事


f:id:kakusan57:20210302092727j:image

入試の形態を、簡単にしたようなオープンテストでした。

難易度は低めですが、大事な事を聞いています。

 

ここでどのくらい出来るかで、浜学園のクラスも決まるという事ですね。

 

答案を返してもらう時に、大事な事を教えてもらえました。


「正解率が7割を超えるような問題を落としてはダメ!それを落としていたら、要チェック!」

 

模擬試験、受けてよかった!


模擬試験(浜学園オープンテスト)を受けて3 「意外な展開に」

f:id:kakusan57:20190802152352j:plain


 子供が模擬試験を受けている間、親は別室で説明会(と、言う名の塾の宣伝ですね)。

 

面倒なのでパスしようかな・・・と思いましたが、この文字に惹かれてふらふらと受けてみることに。


「春季講習、受けてみませんか!」

 

なぜなら息子くん、得意の国語でも最近壁に突き当たっています。


「〇字以内で書きなさい」

 

などという問題が出たら、面倒なのか書きもしません。

 

これはイカンと何度も言い聞かせているのですが、なかなか難しい。

 

「そろそろほかの人に、国語も任せた方がいいのかな・・・・・」
「あらままが身を引く、潮時かもしれないな・・・・」

 

いろいろ考えていた折も折。

春期講習の文字が目に飛び込んできたのです。


他の人と一緒に勉強するという刺激もあるし、家以外のところでは甘えもききません。

入塾と違い、1週間程度の春期講習。

ダメだったらそこでやめればいいのです。


「一度こうしたところに、放り込んでみようか・・・・」


後日、答案用紙を取りに行った際に、春期講習の件を詳しく聞いてみることに。

 

入塾の説明(セールス)をバッタバッタとかわし、無理を言って去年の春期講習のテキストを倉庫から持ってきてもらいます。

 

そこで問題のレベルを確認。


春期講習は、前年度冬の内容の復習という事らしいので、とりたてて新しい内容は出ません。

心配した難易度も、それほどではない。


「刺激をもらうには、いい機会かもしれない!
内容も十分ついていけるレベルだ!」


そう核心しました。


早速息子くんにも確認したところ、1週間くらいならと快諾。

 

そんなわけで息子くん、模擬試験が縁で、春期講習に行ってみることにしました。

 

さあこの、塾の春期講習がどう出るのか?

 

あらままは3月のZ会のスケジュールを、春期講習に合わせて変更しながらワクワクしています。

 


模擬試験(浜学園オープンテスト)の結果 まとめ

f:id:kakusan57:20180601110909j:plain



最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまとめますね。

 

あらまま家の模擬試験結果

  • 設定した目標はほぼ出来ていた(点数はさておき)
  • 模擬試験の結果の見方も理解できた
  • 模擬試験がご縁で、春期講習に行ってみることになった


さて最近は、外遊びも卒業しつつある息子君です。

 

いい感じに転がってくれたらいいな・・・と考えているあらままなのでした。