目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】算数は、いや勉強は感動に満ちている

先日、三角定規を買いました。

 

スタンダードで平行な線を書くのに

必要ということで。

算数の必需品、分度器もコンパスも

ついでに購入。

 

そこで息子くん、朝の勉強前にタラタラ

三角定規と分度器で遊んでいました。


f:id:kakusan57:20180828212953j:image

※上半身裸なのはすみません、暑いもんで

 

宿題はいつするのかなあ

・・・・と思いつつ、様子を観察。

 

すると

「お母さ~ん、三角定規のここの角度は

60度だった~。」

という声が。

 

ふむ、と思い、

「じゃあついでに、こことここの角度は
何度かはかってみな~」

と三角定規の他の角度を図ることも提案。

「30度と90度~」

と反応が返ってきたので

もうひとつの三角定規の角度も

全部図らせました。

 

「じゃあさ、三角形の角度を

全部足したら何度かな?」

「・・・・180?」

「そうだよ、息子くん!

内側の角度を全部足したら

どんな三角形も180度になるんだよ!」

「そうなんだ!!!!」

 

息子、感動していました。

 

しばらくまた三角定規で遊んでいましたが、

また一言。

 

「お母さ~ん、三角定規をふたつ合わせたら

四角になったよ」

 

またしても、ふむと思い

「またさっきと同じように角度全部足してみな~」

と言いました。

 

「うーん、360度~」

「そうなんだよ息子君!四角形の角度の合計は

いつも360度なんだよ!!!」

「そうなんだ!!!!!」

 

またまた息子君、大感動。

 

「なにそれ、あたりまえじゃない」

「中学受験ブログじゃないの?」

 

と思う人もいるかもしれません。

 

息子君はまだ8歳。

中学受験を目指してはいても

いま一番大切なことは

 

「勉強って楽しい!!!」

「わかるって楽しい!!!」

「知らなかったことを知るって楽しい!!」

 

そのシンプルな喜びを

沢山得ることではないかなと思うんです。

f:id:kakusan57:20180828214406j:plain

 

そして「命令をする」ではなく

「子どもに気づきを与えてあげること」

これが親の役目かなと。

 

それがないと、ただ言われているから問題を解くだけ

お母さんが言うからやるだけ・・・

f:id:kakusan57:20180804144655j:plain

 

それでは「妙に冷めた指示待ち人間」が将来

出来そうな気がします。

 

「勉強で感動すること」

 

これは絶対できることだし、
(あらまま感動してました)
大切にしてほしいなとあらままは思うのでした。

その演出をするのは疲れますけど、
息子君が感動してくれると、あらままの喜びもひとしおです。