目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】国語辞典と読書は切っても切れない間柄

「賢くなる子の家に必ずある3つのもの」

 

これ、聞いたことありますか?

 

正解は

「辞書」「図鑑」「地球儀」

だそうです。

「3種の神器」ですね。

 

あらままもご多分にもれず

地球儀と辞書は購入。

(図鑑は家のスペース的にちょっと難しいのでパス)

 

「買ったけど使わないのよね~、うちの子供は」

 

というご家庭も多いかもしれません。

(実際あらままの姉の家でも、よく

地球儀から地球が外れて転がってるって聞きましたから)

 

f:id:kakusan57:20180727152354j:plain

たしかにうちもそうでしたねえ。

 

買って置いておいて観察しても

(動物にエサを与えて食べるか観察している

飼育員みたいですが)

あまり興味を示さない・・・。

 

「うーん、せっかく買ったのにもったいない!」

 

と思い、

 

私が積極的に使って

見せることにしました!

 

 

幸い、うちの息子は読書が好きなので

本に出てきた国はすかさず地球儀で説明!

 

「おかあさーん、○○ってどういう意味?」

 

としょっちゅう聞くので、そこでもすかさず辞書!

 

結構(相当)面倒くさいことですが、

何カ月(もしかしたら何年も)頑張ってみました。

 

f:id:kakusan57:20180727152155j:plain

そうしたらやっぱり自分でも興味を持ってくれるものですね。

 

最近では本を読みながら

「”避ける”と”よける”はどう違うの?⇒辞書で調べる」

「”保存”と”温存”はどう違うの?⇒辞書で調べる」

ようになってきました。

(この違いなんて、あらままはうまく説明できませんよ(汗)

辞書ってえらいなあ・・・・)

 

まだまだ辞書で調べても、

あらままが解説しなければならないことも多いのですが

 

「辞書と友達になってくれてよかった」

「辞書を引くことのハードルが下がってよかった」

 

と思います。

 

辞書の偉大さに感動したあらままは長年の疑問

「”聡明”と”賢明”はどう違うのか」

を辞書で引いて、その違いに納得し

「なるほど~!!!」とまたまた感動している次第です。

 

(両方「かしこい」ってことなんですが、簡単に言うとこれなんだそう。

 

「聡明」は「状況を判断して、

自分が何をするべきかを理解して行動できるかしこさ」。

 

賢明」は「問題点を見抜き、それをどうすれば

解決できるかを理解できるかしこさ」

 

f:id:kakusan57:20180727152534j:plain

「聡明」の方が女の人にしか使われない誉め言葉だな

ということが解りますね。

(女の人は「問題解決能力」より「状況判断能力(空気読むちから)」が

あったほうがいいですもんね・・・)

 

 

 

息子に負けないように私も勉強しよう!

そう思ったあらままなのでした。