目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験ブログ】中学受験をすることで合格より得たいもの

こんなブログを書いていると

 

「子どもがまだ小2なのに中学受験?」

「よほどの教育ママなんだわ」

 

と思う方もいるかもしれません。

 

でも私は中学受験なんて全く興味ありませんでした。

むしろ反対していたくらい。

 

子どもが生まれた時も、父親48歳の時の子なので

中学卒業したら働いてもらおうかと思っていたくらいです。

 

両親ともに塾行ったこともないし(でも大学は行った)

 

でも5歳の時、子供が泣いてこう言ったんですよ

 

「勉強したいいいい!!!!!」

f:id:kakusan57:20180621155652j:plain

 

いやマジで。

その時の彼の思う「勉強」が

どういうものだったのかは解りません。

(なぞなぞが当時大好きだったので、

その延長だったのかもしれませんが)

 

塾へ通うお兄さんたちを見ては憧れの視線。

「賢くなりたい!!」とねぎをもりもり食べる姿。

(あらままは関西人なので子供のころ

「ねぎを食べたら賢くなる」と教えられました。

そのまま子供に言ったらこうなりました・・・)

スポーツには全く興味を示さない。

N中学はこの辺りで一番の中学なんだよって言ったら

「行きたい!!!!」というしまつ。

 

・・・・

もうこうなったら

この子は

学問しかない!

 

そう思ったんですよ。

 

基本的にあらままは学問好きです。

今でも様々なことに興味を持って

本など毎月10冊くらい読みます。

f:id:kakusan57:20180621155725j:plain

学問の真実・本質は

「好奇心」

「解らないことが解る楽しさ」

だと思います。

 

これが本人の中にないと

偽物の学問

→大学へ行くためだけの勉強

→大人になったらもう勉強はしない

 

・・・になってしまうと思います。

 

中学受験の怖さはその偽物の学問

「親に言われたから仕方なくやる」

「行きたくない学校だけど行けって

言われるから」

になる危険がものすごく大きい。

だから不安を感じているのです。

f:id:kakusan57:20180621155803j:plain

ここでこんなことになってしまうと

勉強嫌い、下手したら不登校になってしまう

それだけは避けたいと思っています。

 

だからあらままは

子供が中学受験をするにあたって

身に着けてほしいことが

ひとつだけあります。

 

それは

「一生ものの

勉強の仕方」

 

12歳の吸収力が半端なくあるうちに

この方法を身に着けてくれたら

中学受験は最高のものになると思います。

これが手に入ったら、

べつに不合格でもいいかなと思ったりもしています。

(高校、大学で挽回できるし、

大人になってからも

挽回できますからね)

 

じつはあらまま、

国語だけは大学受験の時

自力でこれを身につけることが出来ました。

(塾行ってませんでしたからね)

これを身につけたことで

どれだけ助かっているか・・・・。

 

息子は全教科でこれを

身にけてくれたらいいなあ

そう思うあらままなのでした。