目指せN中!あらままの中学受験物語

「楽しく中学受験はできるのか?」これをテーマに書いていこうと思います

【中学受験】こんな本も読みます「中学受験が子供をだめにする」

先日こんな本を読みました

 


 

 

中学受験を考えているのに何読んでるの?

と言われそうですが、「中学受験信仰者」ではない

あらままはこんな本もよく読みます。

 

結構過激な内容ですが、こんな感じでした

 

あらすじ

※役にも立たない知識を

長時間の勉強で詰め込みすぎている

※中学受験して入っても高校受験がないと怠けてしまう

※不合格になったときのトラウマ

 

こういったことを挙げて、中学受験は子供をだめにすると言っています。

塾の皆はそんなことわかっているのに、誰も言わないのは

「飯の種がなくなってしまうから」

という怖いことも言っています。

 

作者の菅野淳一さんは塾の講師(進学塾で沢山の有名中学に進学させた実績もある)

私生活では5人のお子さんのお父さんでも

あるので、なかなか説得力がありますね。

f:id:kakusan57:20180605090739j:plain

あらままの感想

中学受験を否定するひと(あらままもここで挙げられたことは危惧しています)

が心配していることをズバリ指摘していますね。

 

夜遅くまで小学生が塾で勉強して、せっかく入った中学で燃え尽きてしまう・・・。

頑張ったのに不合格で、がっかりしすぎてその後の人生に影を落とす・・・・。

 

どれも納得できます。

 

作者の菅野さんもそういった子供たちを見ているので、中学受験の進学塾を

辞めたと言っています。

あらままも納得は出来るのですが・・・・。

 

すべての中学受験をした人がそうなってしまうのか?

中学受験を経験した子がみんなそうなってしまう、
不合格だった子が

みんなトラウマをひきずってしまう・・・・

そうなんだろうか?

 

その疑問は残ります。

 

「自分の実力以上のところにまぐれで受かってしまった」

ということが原因なこともあるでしょうし

 

「大人の思惑」(父親の学歴コンプレックス、母親の見栄)が

原因ということもあるでしょう。

 

子どもは不合格でもけろっとしているのに、親ががっくりしすぎた

その顔を見た子供が罪悪感を持った・・・そういうこともあると思います。

 

 

あらままは「中学受験」は一種の冒険だと思っています。

 

その冒険を家族みんなで乗り越えて、すばらしい中学受験にすることが出来るのか

冒険をしたばっかりにダメになってしまうのか・・・・。

 

そのカギは「親の思惑」「子どもの精神的成熟度、熱意」にあると思います。

 

「この子に中学受験はまだ無理だ、高校受験で頑張ろう」

「中学受験は自分の見栄だった・・」

 

そんなことに気づいたときには「やめる勇気」があるか。

これも中学受験のポイントかなと思っています。